オタクパパの日常

3歳の娘とのお出かけ日記です。妻とは別居中のため、改善に向けて努力する男の日常です。

MENU
ーおすすめ記事ー

ディズニーDream Switchを1年使ってみての辛口レビュー

本日、Dream Switchの記事がYahoo!ニュースとかで話題になっていたので、便乗して私も記事にしてみます。

30代男である私が、わがまま盛りの3歳娘を一人で寝かしつけるのにほぼ毎日使用しています。なんだかんだで購入してから1年近くが経過しているので、リアルな商品レビューとなります。

www.itmedia.co.jp

全然関係ないですが上記の記事内ではモンスターズインクの「マイク」の事を、「アイク」と誤字っていました。最初見たとき、ゲームオタク目線で「どこの、天☆空 イケメン筋肉ゴリラ」だよと思いました(笑

Dream Switchとは

特定の絵本を暗闇の壁に映すことが出来るおもちゃです。

詳細に言うと、本体のSDカードに収録されている絵本や音楽を、プロジェクターの機能で壁や天井などに投影する事ができます。別売りのSDカードを購入し差し替えれば、絵本の内容を変えることも出来ます。

製品のラインナップ

本体

  • 2017年11月に発売 ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch
  • 2018年11月に発売 動く絵本プロジェクター Dream Switch

ディズニーが好きな方は「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch」の方を購入すれば間違いないと思います。

追加ソフト

  • ディズニー ピクサーキャラクターズ Dream Switch (ドリームスイッチ) 専用 ソフト 1
  • ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch ( ドリームスイッチ ) 専用ソフト2

ディズニー ピクサーキャラクターズ Dream Switch (ドリームスイッチ) 専用 ソフト 1

ディズニー ピクサーキャラクターズ Dream Switch (ドリームスイッチ) 専用 ソフト 1

ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ  Dream Switch ( ドリームスイッチ ) 専用ソフト2

ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch ( ドリームスイッチ ) 専用ソフト2

追加ソフトの内容はAmazon内での説明が見やすいかと思います。トイ・ストーリー2,トイ・ストーリー3、ファインディング・ドリー、ライオンキングなどなどですね。

私が持っているのはディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switchのみです。追加ディスクも持っていません。

メリット

  • コンセントから電源を供給できる(電池交換の手間がない)
  • 最初から絵本30冊分のデータが入っているので、絵本実物と比べるとスペース的に超お得
  • 使用から1年近く経ったが、故障の類は一切ない
  • 絵本以外のコンテンツも充実(知育教材、「花火」や「羊数え歌」なども)
  • 使用中の発熱や、音、匂いといったものは一切気にならない
  • 「本体の電源ON」以外はリモコンでの操作が可能
  • 自分で読み聞かせをしたいときは、収録ボイスをオフにできる。
  • 使用用途はいまいち不明だが、字幕をオフにすることも出来る
  • 英語の単語学習ができるコンテンツも複数ある(あくまで簡易的なもの)

デメリット

  • 値段が高い(最低でも\13,000、フルセットだと\20,000を超える)
  • コンセントがない場所では使えない
  • 1年も使い続けると、絵本30冊分では足りなくなってくる
  • ミッキーの音声は、起動時と終了時のみ(他のキャラ音声は一切ない)
  • 絵本によって作りにムラがある
  • 絵本のページ飛ばし機能がほぼほぼ無意味

1年を掛けて見てきた3歳の娘の反応

布団に入る良いきっかけになっている

Dream Switchの電源を入れるとミッキーの声がしてくるのですが、それが娘が布団に潜り込むスイッチとなっています。ミッキーの声が聞こえた瞬間にお片付けを始めてくれます。

ミッキー< やぁ、僕はミッキーマウス

みっきーだ!はやくおかたづけしなきゃ!!

ミッキーやべぇっす。

電気を消しても怒らなくなった

これは非常に助かりましたね。

ウチの娘の場合、購入前までは電気を消すと大抵泣き出してしまい、最低でも豆電球はつけておかないといけない状況でした。

それが購入後はむしろ「でんきけそー!」と、自ら消してくれるほどです(電気がついていると映像がほとんど見えないため)。

ごく稀に、見ながら寝てくれる

これに関しては本当にごく稀です(苦笑)あくまでうちの娘に限っての話ですが・・・。

回数にすると、1年のうちに3,4回ぐらいですかね。ただ、大体は本人が凄く疲れていた日なので、Dream Switchを使わなくても即寝ていたかもしれません。

寝つきが良い子供の場合は、見ながら寝てくれる可能性は大いにあると思います。ウチの子はお世辞にも寝つきはよくありませんので(笑)書籍の「おやすみロジャー」で眠りについた回数はいまだにゼロです!

おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

映像が終わった後、娘が「寝るモード」に入ってくれる

絵本を読み終わると、ミッキがーおやすみの挨拶をしてくれます。

ミッキー< お話はどうだったかな?

おわっちゃったね。みっきーばいばーい!

と、手を振ってお別れをした後、娘の「寝るモード」のスイッチが入ってくれることが多いです。ここから背中をトントンしながら歌を歌ってあげたりして、本格的な眠りにつかせることが非常に多いですね。スイッチさえ入ってくれれば、あとはもうぶっちゃけ楽です。

ディズニーとピクサーに詳しくなる

ライトニング・マックィーン、メーター、マイク、サリー、アンバー、ジェームス、ワットノット、ニモ、ドリー、ウッディ、バズ、ジーニーなどなど、キャラクターの名前を次から次に覚えていっています。

私自身もダッチェスやトランプ、オマリーなどのこれまで知らなかった名前を憶えていっています。

個人的に気になっている事

「ABCの歌」のリズムがおかしい気がする

ABCDEFG、HIJKLMN、OPQRSTU、VWXY and Z

私が知っているABCの歌の息継ぎのタイミングは上記の句読点のタイミングです。ただ、Dream Switchに収録されているものは以下のようになっております。

ABCDEFG、HIJKLMNOP、QRS、TUV、WXY and Z

どっちが一般的なのかはよく分かりませんが、違和感があるのは確かです。HからPが詰め込み過ぎぃ・・・。

BGMが収録されていない絵本がある

例えば、「アナと雪の女王」ですね。

他は大体BGM(といっても、基本は本編とは関連のない汎用BGM)が収録されているので、そんな中でBGMがない絵本を再生するとちょっとだけ違和感を感じてしまいます。なんとなく寂しいというか物足りないというか・・・。

ナレーションのボイスON/OFF機能はありますが、BGMのON/OFFといった機能は搭載されていません。

絵本の「ズートピア」と「ティンカーベル」の内容がよく分からない

ごめんなさい、完全に個人的な感想です。

私自身、DVD本編を見たことがなく、絵本の方は短くまとめ過ぎている為か、いまいちストーリーが理解できないんですよね・・・。娘も好んで「見たい!」と言うことはありません。ちなみに「ピーターパン」の方は娘も大好きです。

まぁこれは絵本の方に文句を言えって話ですよね(苦笑

娘の好きなコンテンツ

  • カーズ
  • ファインディング・ニモ
  • アラジン
  • ABCの歌
  • あいうえおパレード(ディズニーキャラをあいうえお順に紹介)
  • ABCパレード(ディズニーキャラをABC順に紹介)

今はこの辺りが大好きですね。

最初の頃は、3匹の子ブタやくまのプーさん、ミッキーの三銃士が大好きだったのですが、最近は飽きたのか全然要求してきません(笑

娘はライオン・キング(とライオンガード)が大好きなので、ライオンキングが収録されている追加ディスクを購入してあげようかな・・・とも思っています。

おわりに

寝かしつけに本気で困っている方には強くお勧めできる商品です。

ただ、個人差はあると思いますが、2歳とかだと内容が分からず寝かしつけの効果が薄いかもしれません。ウチも購入当初はいまいちな感じで、3歳後半ぐらいになってからようやく効果を実感できるようになった気がします。

コメント等を頂ければ、私の分かる範囲で製品の疑問には答えられますよ!本体価格の1万5,000円は決して安い金額ではありませんからね・・・。

寝かしつけに苦労しているお母さん、お父さん方、一緒に頑張りましょう!

ディズニー ピクサーキャラクターズ Dream Switch(ドリーム スイッチ)

ディズニー ピクサーキャラクターズ Dream Switch(ドリーム スイッチ)