オタクパパの日常

今はSteamのゲームにMODなどを導入し、自分用のメモとしてちまちま書き記していっています。

【ネタばれ有りの感想】アニメ サマータイムレンダを一気見した

今更ながらに「サマータイムレンダ」を見ました。その感想記事を残しておきます。

見る前の印象

広告か何かでよくおすすめされてて、「スク水の金髪の子」のビジュアルだけは凄く記憶に残っていました。

その時点での印象としては、どちらかといえば新海誠監督の作品のような、「私みたいなガチオタク向けというよりかは、一般層向けのアニメ映画作品なのかな」といった印象でした。(実際には25話構成のアニメだったのでまずはそこで驚きました)

あと主人公が世界を繰り返してより良い世界を目指す「ループもの作品」であることは、なにかの情報からすでに知っていました。

なお、「ループもの作品」で私が好きなゲーム・アニメ作品は以下の通り。

  • ひぐらしのなく頃に("祭囃し編"までですがね・・・"業"と"卒"のことは記憶から抹消したい)
  • シュタインズゲート(ゲームでドはまりしました。ゼロや、世界が繋がっているカオチャもプレイ済み、全部好き)
  • 僕だけがいない街(コンパクトにかつキレイにまとまっていて好きなループ系アニメ作品です)

サマータイムレンダを実際に見ての正直な感想

うーん・・・シュタゲのような割と"現実寄り"なミステリーのような話を期待していたので、2話ぐらいに「影」といった敵が出てきた辺りから少し「違うかな・・・」という気持ちが芽生えてきましたかね。ただ、先の展開は毎回気になったので、結局はそのまま25話までノンストップで見ちゃったんですけどね!

あと、個人的には「ループ物は正直もうお腹いっぱい・・・」ということも分かりました(苦笑)

全然関係ないのですが、最近のループものには以下のようなルールが定番化してきている感じなんですかね。

  • ループの回数に制限を設ける(命が軽くなることへの配慮か)
  • 敵対勢力もループが出来るor主人公のループを妨害する術を持つ(この要素がないと、主人公のメンタルが強い(心が折れない)だけでやりたい放題ですもんね)

そういえば東京リベンジャーズは1期だけ見てそのまま放置してるな・・・原作の最後までアニメ化されたら一気見する!・・・多分。

話がそれましたが・・・サマータイムレンダを見ていて驚いたのは、2クール目のOPの作詞・作曲が志倉千代丸氏だったことや本作のスタッフロールにも名前が載っていたことですね。もう完全にシュタゲじゃん!

キャラクターの中では、菱形 窓は途中で絶対に敵に寝返るか操られるポジションだと確信していたので、意外にも最初から最後まで主人公の味方ポジションを貫き通したのはビックリでした(笑) 澪の網代 慎平への恋心から発生する嫉妬心を敵に利用されるとかド定番展開のはずじゃん!

澪といえば・・・小舟 澪役の 白砂沙帆さんの声が花澤香菜さんの声質に似すぎている。マジで騙されるレベル。というよりも、スタッフロール見るまで、普通に花澤香菜さんだと思い込んでました・・・。イメージとしてはシュタゲの椎名まゆりを演じているときの花澤さんかな。分かる人には分かってくれるはず・・・。

まとめ

サマータイムレンダは、決して「つまらない」といわけではなかったのですが、私には少し合わない作品でした。

多分、一気見できる状況ということで、先の展開の考察などを何もせずにそのまま垂れ流しで見た感じなので、それもよくなかったのかもしれません。正直、25話の再構築された世界の展開にはもうついていけてなかったです。リアルタイムで考察しながら見ていたらめちゃくちゃ楽しかったようにも思えます・・・そういった意味だとタイミングを逃した・・・!

あ、南方 ひづるのビジュアルと日笠陽子さんの声は大好きです。ドストライクでした。何度も何度も繰り返される「ぼよん」のシーンにはスターッフの並々ならぬ情熱のようなものを感じました(笑

そんなところです。最後までお読みいただきありがとうございました!

f:id:Vento:20201111224244p:plainf:id:Vento:20201111224254p:plain