オタクパパの日常

ガチオタクなパパと4歳の娘とのお出かけ日記です。

【孤独のグルメ】久住昌之先生のサイン会に行ってきました!

前回の記事で予告したとおり、今回は久住昌之先生のサイン会に関する記事です。

www.21120903.tokyo

テレビの「ふらっとQUSUMI」や見た目の印象通り、本当に優しいオーラをお持ちのお方でした。

サイン会の様子

サイン会会場である東急ハンズ 新宿店への再訪

今回は秋葉原から総武線に乗り、代々木駅で降りて、そこから徒歩で向かいました。

f:id:Vento:20191111211858j:plain
東急ハンズ 新宿店 外観

整理券を取りに行った時は夜であったことと人混みで景色を見る余裕なんてなかったのですが、快晴の日の昼間という事もあり、この日は余裕をもって景色を楽しみながら東急ハンズまで行くことが出来ました。

ちなみにこの日はすぐ近くで天皇陛下の即位祝賀パレードも行われていたので、電車の混み具合が少し気にはなってはいましたが、時間帯が被らなかったこともあり特に影響はありませんでした。(パレード終了後の15時半以降は大変な混み具合だったみたいですね・・・)

サイン会会場へ到着

サイン会は東急ハンズ新宿店の7階のフロアで行われました。

私は1時間近く前に会場に着いたのですが、その時点で机もすでに設営済みでした。イメージ的に個室みたいなところでやるのかと思っていましたが、普通にエスカレータのすぐ横でした。とても見やすい場所ではありましたが、サイン会中の写真撮影はもちろん禁止となっていました。

下記の写真は、まだ開始時間前だったこともあって、スタッフの方に撮影OKを貰えた時に撮影したものです。

f:id:Vento:20191111211946j:plain
サイン会会場設営

これを見ると「いよいよか!」って気持ちが強くなりましたね!

サイン会へ

開始時間10分ほど前から、整理券の番号順に列が形成されました。私は1桁台でしたので、もちろん前の方でした。ちなみに整理券1番の人は開始時点では来ていないようでした、急用でも出来ちゃったのかな・・・。

サイン会開始後、すぐに私の番がやってきました。

話したいことはいろいろあって、頭の中で事前にシミュレーションもしていたのですが、いざ御本人を目の前にすると駄目ですね・・・緊張からか月並みな事しか喋ることが出来ませんでした(苦笑)まぁ喋ることが出来ただけで満足でもありますが!

ちなみに事前にスタッフからの説明で「1枚に限り、写真を撮ることも可能です」との説明もあったので、迷わずお願いをしました。

そしてここだけはなぜかガツガツいっちゃって、撮影時に「お隣よろしいですか?」みたいな、冷静に考えると非常に厚かましいお願いをしてしまいましたが、「いいよいいよ、ちょっと待ってね」と言ってくださり、机を少しひいてスペースを作ってくださいました。その節は本当にありがとうございました。

f:id:Vento:20191111212139j:plain
久住先生と私

以降はこれがスタンダートになり、後続の人たちも隣で写真を撮らせてもらっていました。

f:id:Vento:20191111212248j:plain
孤独のグルメ 久住先生 サイン本

サイン本と合わせて、一生の宝物です。

漫画版 井之頭五郎のコスプレで有名な方

そういえば、後にツイッターで知りましたが、原作の井之頭五郎のコスプレで有名なの方(1.5万RT、2.5万いいね)もサイン会に来ていたようです。

この写真は私も何度か拝見したことがあるので、実際にお会いして見てみたかったですね。

サイン会のお土産

f:id:Vento:20191111212604j:plain
孤独のグルメ ペーパーナプキン

今回はサプライズのお土産として、こちらのペーパーナプキンも貰えました。

刻印は一番上だけかと勝手に思いましたが、確認したところ全てに刻印されていました!勿体な過ぎて使える気がしないですw大切に保管させていただきます。

久住昌之先生とは

私が久住先生を初めて知ったのは「孤独のグルメ」の原作者としてだったのですが、孤独のグルメの多くの音楽を担当されていることも知り、更にその後も知れば知るほどに多才な方であることが分かりました。

ライブも頻繁にやられており、The Screen Tonesというバンドで、ボーカル、ギター、ウクレレなども担当しているみたいですね。「バンドハウスでLiveを見る」というのは私にとっては未知の世界なので、なかなかに足が運びづらいという思いもあったのですが、次回開催時にはぜひ行ってみたいという思いが強くなっています。

大根はエライ (たくさんのふしぎ傑作集)

大根はエライ (たくさんのふしぎ傑作集)

絵本も描かれていました。

ちょっと気になったりしているので、娘のために購入を検討しています。大根嫌いの娘が、これを見て大根を食べてくれるようになったら万々歳です!

昼食は秋葉原の肉の万世で聖地巡礼

話しは少し戻りますが、私が新宿に行く際は秋葉原駅を経由します。

f:id:Vento:20191111211645j:plain
肉の万世 秋葉原店

秋葉原といえば、駅横にある万世橋を渡った先に「肉の万世」の本店があります。

f:id:Vento:20191111211714j:plain
肉の万世から見た秋葉原電気街

原作版「孤独のグルメ」で、井之頭五郎が秋葉原の肉の万世のまるかつさんどを食べるシーンがあるので、私もそれに習って、この日はまるかつサンドを頂きました!

f:id:Vento:20191111211740j:plainf:id:Vento:20191111211742j:plain
肉の万世の「万かつサンド(\700)」

何回か食べたことはあるのでもはやお馴染みの味です。甘めのタレで6個ペロリといただけます(そういえば、昔は3個でもうウップウプだったな…)

f:id:Vento:20191111211817j:plain
秋葉原 UDX外観

原作再現と気分を高めるため、当時はなかったUDX側にも向かいました(笑

明るい日差しの下で食べる万かつサンド、最高でした!

終わりに

サイン会への参加は私の人生では2回目の経験でした(1回目は宮川賢さんのバツラジ本出版記念サイン会)。

客層は老若男女問わずといった感じで、家族連れなども多く、多彩な顔触れでした。久住先生が多くの人に愛されている証ですね。

貴重な体験と大切な宝物をありがとうございました。今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

追記

この記事の告知ツイッターで久住先生にコメントを頂けて、マジで泣きそうです。

ツイッターやってて本当に良かったー!