オタクパパの日常

ガチオタクなパパと5歳の娘とのお出かけ日記です。おすすめのアニメ、ガリガリの筋トレなどについても語っていきます。

【保存版】お手軽に作れるホームジムのおすすめ【費用:2万】

私は2018年12月から2022年4月まで、近所のジムに通っていました。
辞めた理由としては、娘が小学校に入学したことなどによる生活リズムの変化のためです。

www.21120903.tokyo

上記記事のように、一応の結果も残すことができました。
今思うと、ジム通い1年目の筋肉量の伸びは異常でした・・・一種のビギナーズラックですかね。

ジム通いを辞めること自体は仕方ないのですが、3年半も習慣化していた運動が突然出来なくなるのは困りもの・・・そこで、前々から自宅でトレーニングできる環境を整えていました。

ということで、今回は私が普段、筋トレに利用している我が家のなんちゃってホームジムを紹介します。
ダイエットや筋トレにもおすすめの器具達です。
2万円もあればそれなりの環境が整うので、よければ参考にしてみてください!おそらく後悔もしないはずのお手軽さです。

homegym1

ちなみに、上が今の私のホームジムの状態です。
好きなものや音楽に囲まれた状態でおこなう運動はよいものですよ!

本当に最低限のものしか無いので、将来的には懸垂スタンドや、有酸素運動用のフィットネスバイクも欲しいところです。。。筋トレビッグ3(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)の器具は流石に敷居が高すぎますね。

それでは始めます。

ホームジム作成に必要なものリスト

ジョイントマット

ホームジムを作成する上でいちばん大事なのはジョイントマットですね。
トレーニングベンチやダンベルとかを床に直に置いたら、床が間違いなく傷つくので、その防止が主な目的です。

基本的にはマットであれば何でも大丈夫かと思いますが、私は上記のAmazonブランドのものを買いました。
1セット(8枚)では枚数的にギリギリなので、出来れば2セット買うと良いかと思います。

トレーニングベンチ

一般的なジムには必ず置いてあるものです。
これに寝っ転がりながらバーベルでベンチプレスをやってる人や、ダンベルでスカルクラッシャーなどを日常的にやってる人は筋トレガチ勢です。例外なくムキムキです。

トレーニングベンチが有ると無いとでは、トレーニング効率やモチベーションに大きな差が出ると思うので、ホームジムの場合も購入必須です。
値段も1万円ぐらいだったりと、案外お手軽に買うことができますよ。

私は上記のものを買いました。
1万円ほどです。怪しい中国メーカーの\5,000台のものとかも見かけるには見かけますが、最低でも\10,000ぐらいはお金を掛けたほうがいいかもです・・・(個人の主観です)

高さ調整も簡単に出来ます。

ダンベル

忘れちゃぁいけないダンベルです。

これは様々な種類や重さが販売されているので、自分の好みで大丈夫かと思います。

2kg、5kg、10kg、20kg辺りで、自分に合った重量のダンベルを2セット買う感じですかね。
ただ、重量ごとにそれぞれ買っていったら、かさばって邪魔なので、基本的には重量を調整できる「可変式」を買うのが良いかと思います。

私が持っているのは上記の可変式(MAX:10kg)のダンベルを2セットです。
ただ、流石に重量が物足りなく感じることが有るので、更に上の重量を購入予定です。

理想は、上記のような超細かく重量を調整できるものなのですが、お値段が3万超えなので、なかなか購入に踏み切れずにいます(苦笑

トレーニンググローブ

バーベルやダンベルを持つときに装着するグローブです。
力を入れやすくするだけでなく、滑り止めなどの効果もあるので、購入は必須かと思います。

私は上記のものを使っています。
ジムに通っていたときに買ったもので、もう3年以上使っていますがまだまだ現役です。

トレーニング方法が書かれた書籍

トレーニングベンチとダンベルを渡されても、どうやってトレーニングすればいいのかわからな人が大半かと思います。
ネット社会であるこのご時世、なかやまきんに君やコアラ小嵐さんなどの、筋トレガチ勢のYouTuberによる動画でも十分に学ぶことはできると思いますが、書籍も一冊購入して手元においておくと良いかもです。

私は上記の本を買いました。ダンベルでのトレーニング方法をまとめた本です。
これ1冊を読み込めば、十分すぎるほどの筋トレ知識を手に入れることができると思います。

ダンベルプレス、ワンハンドロウイング、ショルダープレス、サイドレイズ辺りはよくやっています。

余裕があったら買うべきもの

ここから先は、ホームジムを作成する上で必須ではありませんが、あったら良いものを掲載していきます。

腹筋ローラー

腹筋や体幹を鍛えるための道具です。
ダイエット目的の女性や、腹筋を割りたいすべての人におすすめです。

私は上記のものを購入しました。
最初は膝を付けながらやる「膝コロ」からスタートし、ある程度の筋力がついたら「立ちコロ」をやる形になるかと思います。

プッシュアップバー

腕立て伏せをやる際には必須の器具です。

通常の方法で腕立て伏せをやると、手首や手のひらが痛くなり、すぐにやらなくなってしまう人が多いかと思います。
このプッシュアップバーを使うと、そういった痛みを大きく軽減することができ、更には腕立て伏せの効率を大きく向上させます。

個人的に最もコストパフォーマンスに優れた器具かと思います。置き場所にも基本困りませんし、オススメです。

プロテイン

いわゆるタンパク質です。
トレーニング後に飲むことにより、筋肉の成長を大きく促してくれます。

www.21120903.tokyo

プロテインに関しては書くと長くなるので、上記の私の別記事などをご覧ください。

基本的には、ザバスかビーレジェンドのものを飲めば、品質的にはなんの心配もないかと思います。
私も3年以上日常的に飲んでいますが、今のところは健康診断でもなんの異常も見つからないほどの健康体です。

「ダンベル何キロ持てる?」の漫画

「筋トレをする女子高生」を題材に描いた漫画です。

1話につき1つのトレーニング方法が記載されているので、その情報量は膨大なものです。
絵も綺麗ですし、話も面白いのでおすすめの作品ですよ!

www.21120903.tokyo

アニメ化もされており、上記はその感想記事です。

おわりに

以上、「ホームジム構築の勧め」の記事でした!

適度な運動は体にも最高によいものであることは明らかです。
人生100年時代、少しでも健康でいられるよう、私も運動を続けていきます!

最後までお読み頂きありがとうございました。

f:id:Vento:20201111224244p:plainf:id:Vento:20201111224254p:plain