オタクパパの日常

3歳の娘とのお出かけ日記です。妻とは別居中のため、改善に向けて努力する男の日常です。

【相楽左之助】るろうに剣心 北海道編 2巻レビュー【斎藤一】

どうも、Ventoです。

2/4に発売された るろうに剣心 北海道編の2巻を購入したので、その簡単な感想と、るろ剣に対する私の思いを記事にします。

軽くネタバレがありますのでご注意ください。















2巻では早くも左之助が登場してきました!!斉藤一も登場してきたりと、驚くほどのテンポの良さです。

他に登場したキャラとしては栄次とか懐かしすぎて、コマ割りで説明してくれないと思い出すことすら難しそうでした。その辺凄い親切な書き方をしてくれています。

過去キャラを有効活用してくれるのっていいですよね。1巻でも左之助の弟の央太や、鯨波兵庫戦で弥彦と共闘した新八が約束通りに神谷道場に入門していたのもすごい良かったです。

今後は、悠久山安慈や瀬戸宗次郎が出てくるのは確定として、話の展開からまさか比古清十郎や蒼紫、縁までもが再登場するのかって感じでした。まぁ比古師匠は最強すぎるので、さすがに出てこない気もしますが…。

夏に発売される予定の3巻も楽しみー!今一押しの漫画です。


るろ剣は昔から大好きな作品の一つです。当時はアニメを見てハマり始めたのかな。アニメ後半のオリジナル展開に関してはノーコメントで!(笑

アニメの京都編が面白すぎて、少ないこずかいを持って本屋に単行本を買いに行った思い出があります。大人買いなんてできる年齢ではなかったので、お小遣いをもらうたびに、少しずつ購入していった感じですね。

その後は大人になり、DVDを全巻セットを購入し、(逆刃刀型ペーパーナイフがついてきました)OVAも完全版コミックもすべて購入しました。

北海道編を読んでいるときは先の展開が気になり過ぎて、あの時のわくわくが戻ってきたような気持ちになります。


今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)