オタクパパの日常

ガチオタクなパパと5歳の娘とのお出かけ日記です。おすすめのアニメ、ガリガリの筋トレなどについても語っていきます。

【ネタバレあり】ケンガンオメガ 103話 感想・考察

f:id:Vento:20210317233742j:plain

当記事はケンガンアシュラの続編である「ケンガンオメガ」の感想、考察記事です。

なお、「ケンガンオメガ」は、小学館のアプリ「マンガワン」で無料で読むことが出来ますので興味があったら調べてみてください。

ケンガンオメガ (8) (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンオメガ (8) (裏少年サンデーコミックス)

  • 発売日: 2021/03/12
  • メディア: コミック

それでは、2021年4月1日に公開されたケンガンオメガ 103話「処刑人出陣」の感想・考察記事に入ります。

あらすじ

第10試合開幕の直前、試合のルール変更が乃木会長より申し出られた。

「10試合目以降は選手選考の先行後攻を無くす」

以降3試合は先行が続いていた拳願会にとって有利なルール変更となった。

無理を通された形になった豊田出光であったが、その表情はどこか嬉しそうであった。

”処刑人” 阿古谷 清秋 VS ”パリの死神”ニコラ・レ・バンナ  ・・・開戦。

これまでの試合結果

ガオラン VS メデル(Win!)
理人 VS (Win!)
ユリウス(Win!) VS トア・ムドー
三朝(Win!) VS 弓ヶ浜ヒカル
龍鬼 VS ナイダン(死亡)
アギト(Win!) VS 呂
呉雷庵 VS アラン呉(死亡)
速水正樹(Win!) VS 嵐山十郎太
阿古谷 清秋 VS ニコラ・レ・バンナ

拳願会残りメンバー:王馬、大久保、二徳、若槻

新たに判明した情報

  • は煉獄代表の中で最弱

物語の中で既に概出の情報

来週以降記載

気になった点

  • 桐生刹那の言葉
  • 赫(テラシ)のニコラに対する評価
  • 阿古谷 清秋に対する仲間内の評価

桐生刹那の言葉

数話ぶりに話が進んだ桐生刹那サイドの話ですが、開口一番、臥王龍鬼に対して以下のような発言をしています。

「僕は、君だよ。僕も、数え切れない過ちを犯し、愛する人を失ったんだ。」

うーん・・・もしかして、桐生刹那って「王馬が生きていたこと」をまだ知らない・・・?

いや、でもあんなにワーワー言ってる会場の裏にいるのに、参加選手のことを知らないなんてことはないか。とすると、「自分が大好きだった頃の王馬=神」はケンガンアシュラの終盤で実質いなくなったわけだから、自分にとっての「神」に戻すことはもう不可能と悟り、「愛する人を失った」と表現しているのかな。なんか上手く言葉にできない・・・。

「愛する人の為に、修羅の道を逝く覚悟はあるかい?」

もう、桐生刹那がなんか言うたびに不穏な空気が流れるな。ここで言う「愛する人」っていうのは成島 光我を指しているってことでいいのかな。ヤマシタカズオのことだったら笑う。ってか、桐生刹那龍鬼光我の関係性をどこまで知ってるんだろう・・・?蟲とか関係なしに、なんか今後の台風の目になりそうですね。

赫(テラシ)のニコラに対する評価

赫(テラシ)ニコラのことを以下のように言っています。

「ニコラは「俺を除いたメンバーの中で」最弱だろう?」

なんだ、この「私(赫)は最弱です!!」の謎宣言は・・・。ひとまずのことはまた今度考察するとして、ニコラは他の仲間内での評価は以下のような感じでした。

  • ニコラはムラが激しいからな~
  • ハマった時のニコラは強い
  • ナイダン:「気をつけろ。二コラを信じるな。」

ナイダンの不穏すぎる一言に持っていかれがちですが・・・その総合的な評価はケンガンアシュラの初見泉の評価となんか被るものがありますね。つまりは、絶好調になれば相当に強いやつじゃん!

阿古谷なら相手の調子が上がってくる前に、速攻で勝負を決めることも全然できそうだけど、はてさて。

阿古谷 清秋に対する仲間内の評価

そもそもなんですが、阿古屋 清秋「表向きは警察官なのに、中身は人殺しのサイコパス」ってのは周知の事実なんでしたっけ・・・?すみません、私の漫画の読みが浅いためか、そこに確信を持てませんでした。

例えば、拳願絶命トーナメントでの不正(檜山瞬花との連携)は、今井コスモ、西品治 明、アダム・ダッドリーの3人はもちろん知っているでしょうが、それ以外の人は・・・?

ちょっとケンガンアシュラの読み直しが必要ですね。すみません!

103話の中では、少なくとも若槻大久保三朝阿古谷の本質を知っているようでした。三朝はまぁ知ってても違和感はないですが、前者の二人は…?

今、裏で起きていることと、違和感に対するメモ

  • 傷心している臥王龍鬼と、短髪になった桐生刹那の邂逅
  • 呉雷庵とエドワード・呉の邂逅
  • 呉一族 VS 呉(ウー)の連合軍(蟲、征西派)
  • きゃいぃぃいい、弓ヶ浜ヒカルくんの現在
  • ナイダンの発言の数々・・・「オメガの器」、「蒼穹で君を待つ」、「気をつけろ。二コラを信じるな。」
  • 十鬼蛇王馬が会話の中で感じた違和感の正体
  • 試合後に膝をついたアギトへの違和感(大久保直也が蟲だと仮定すると、アギトに抱きついたときになにかした可能性も?)
  • 102話で見せた、大久保らしからぬ謎の分析力

おわりに

以上、103話「処刑人出陣」の感想・考察記事でした。

なお、当ブログでは他にも「ケンガンアシュラ」、「ダンベル何キロ持てる?」などの記事も多く書いているのでもしよければそちらもご覧ください。

www.21120903.tokyo

www.21120903.tokyo

www.21120903.tokyo

www.21120903.tokyo

最後までお読みいただきありがとうございました!!

f:id:Vento:20201111224244p:plainf:id:Vento:20201111224254p:plain